ツキノワグマの赤ちゃん、志村さんにちなんだ名前に決まる 阿蘇カドリー・ドミニオン

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 3月に新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなったコメディアンの志村けんさんと交流があった熊本県阿蘇市の動物園「阿蘇カドリー・ドミニオン」は15日、1月に生まれたツキノワグマの雄の赤ちゃんを、志村さんが愛した「笑い」にちなみ、「笑(しょう)」と名付けたと発表した。志村さんは「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系)で、同動物園のチンパンジー、パンくんと長年共演していた。

 同園は、同時期に生まれた雌3頭も含めて赤ちゃんグマ4頭の名前を公募し、全国から約650点の応募があった。

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文655文字)

あわせて読みたい

注目の特集