メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

「#びわ湖リング」 ネットで41万人視聴のオペラ、ブルーレイで発売

ワーグナーのト書きを忠実に再現した美しい舞台装置が印象的な「神々の黄昏」の一場面=大津市で2020年3月7日午後6時半(びわ湖ホール提供)

 新型コロナウイルスの感染拡大により活発化した文化活動のネット配信で、先駆的な試みとして注目された滋賀県立の「びわ湖ホール」(大津市)によるワーグナー作曲「神々の黄昏(たそがれ)」が、ブルーレイの映像ソフトとして6月27日に発売されることが決まった。同ホールが5月15日、発表した。異なるキャストを起用した3月7、8日の計2回の公演を別々のパッケージとして各2枚組み1万円(税込み)で売り出す。

 「黄昏」はワーグナーの4部作「ニーベルングの指環(ゆびわ)」(リング)の最後を飾る作品。同ホールはドイツのベテラン、ミヒャエル・ハンペさんによる新演出で、2017年の「ラインの黄金」から1年に1作ずつ手掛けてきた。4作連続上演は、国内の地方劇場として例のない偉業となるはずだったが、新型コロナウイルスの影響で、2月28日にホール自主事業の全面的な中止・延期が決まった。

この記事は有料記事です。

残り636文字(全文1018文字)

濱弘明

1965年、兵庫県生まれ、東京大学法学部卒。89年入社で政治部、特別報道部、地方部、運動部、編集制作センター(整理)などで取材記者やデスクを歴任し、2017~19年大津支局長。19年7月から大阪学芸部長。「選抜高等学校野球大会80年史」の編集責任者を務めた。音楽の演奏史などの分野に明るい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「常勝ホンダ」投打かみ合い優勝 NTT東日本は先発・沼田踏ん張れず 都市対抗

  2. 安倍前首相、自身への事情聴取要請「聞いていない」 「桜」前夜祭

  3. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  4. 橋戸賞にホンダ井上 久慈賞はNTT東・向山 若獅子賞はホンダ朝山ら 都市対抗

  5. 大阪モデル赤信号点灯 吉村知事「医療非常事態宣言」 重症病床使用率66%

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです