特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

SNSでイルカなどの動画発信 「普段の細かな姿を見て」 休館中の水族館

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
愛らしい瞳で飼育員を見つめるアザラシ。「そ、そんな目で見つめないで……」というメッセージとともにSNSに投稿された=海響館提供
愛らしい瞳で飼育員を見つめるアザラシ。「そ、そんな目で見つめないで……」というメッセージとともにSNSに投稿された=海響館提供

 新型コロナウイルスの影響で休館中の山口県下関市の水族館「海響館」が、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で館内のペンギンやイルカなどの愛らしい姿を発信している。同館の担当者は「動物たちはみんな元気にしています。外出自粛中も動物たちを見て癒やされてほしい」と話している。【近藤綾加】

 同館は新型コロナウイルスの影響で3月2日から休館し、4月1日に一時再開。しかし、全国的な感染拡大を受けて同4日から5月末までの予定で再び休館としている。年中無休の同館にとって、長期の休館は初めて。

 例年なら大型連休などで多くの来館者が訪れるシーズンだが、今年は外出自粛中に自宅でも動物たちの姿を見て楽しんでもらおうと、写真共有アプリ「インスタグラム」や「フェイスブック」で、飼育員が館内で撮影した動物の写真や動画などを毎日投稿。砂浜に寝そべり、リラックスするフンボルトペンギンや両手をこすり合わせて手洗いのような仕草を見せるアシカなどの愛らしい姿が人気を呼んでいる。

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文715文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集