精神疾患の労災、パワハラでも認定 6月から基準に追加 厚労省検討会

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
厚生労働省=東京都千代田区霞が関で
厚生労働省=東京都千代田区霞が関で

 厚生労働省の検討会は15日、うつ病など精神疾患の労災認定基準について、原因となる出来事に「パワーハラスメント」を追加する報告書をまとめた。新基準は6月から適用される見通しで、労働者はこれまでに比べてパワハラに関する労災認定が受けやすくなる。

 従来の認定基準では、対人関係の項目に「ひどい嫌がらせ、い…

この記事は有料記事です。

残り172文字(全文322文字)

あわせて読みたい

注目の特集