特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

東日本大震災伝承、キャンセル300件 「記憶の風化が心配」 コロナで滞る活動

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
今年2月、津波が襲った海岸を案内する「富岡町3・11を語る会」代表の青木淑子さん=福島県富岡町仏浜で、乾達撮影
今年2月、津波が襲った海岸を案内する「富岡町3・11を語る会」代表の青木淑子さん=福島県富岡町仏浜で、乾達撮影

 東日本大震災の伝承活動が苦境に立たされている。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、震災の伝承に取り組む広域連携団体が3~4月、30の団体・個人にアンケートをしたところ、予約されていたツアーなどのキャンセル数は計302件(9235人)に上った。中には、感染拡大のあおりで活動休止に追い込まれた団体・個人もいた。震災発生から来年3月11日でちょうど10年。関係者からは「震災は風化の一途をたどるばかり」「復興した街の姿を見てほしかった」との声が上がった。【小鍜冶孝志】

「活動継続が困難な状況」

 アンケートは、震災の伝承活動をする団体、個人で構成する「3・11メモリアルネットワーク」(宮城県石巻市)が実施した。3月24日~4月7日にウェブで回答を募り、岩手、宮城、福島県を中心に活動する計30の団体・個人が答えた。

 活動状況に関する設問では、活動の規模や回数を縮小したという回答が最多の37%で、受け付け停止や施設休館などにより活動していないという回答が27%で続いた。一方、普段通りに活動しているとの回答は23%だった。3月のツアーや語り部活動などを前年と比較すると、8割近くの団体・個人で参加者が半分以下に落ち込んでいた。

 自由記述欄には、こんな回答が寄せられた。「収束時期が見通せず、行事の企画・開催ができない」「民間の伝承活動は再開の判断が難しい」「事業収入が得られず、経済的に困っている」。ネットワークの事務局は「予約のキャンセルは長期に及び、新規の申し込みもない。活動継続が困難な状況に陥っている」と話している。

「今年度の活動は事実上終わり」

 「どうしようもないが、見通しは全く立たない」。宮城県石巻市などで語り部ツアーを実施する一般社団法人「防災プロジェクト」(宮城県東松島市)の代表理事、中井政義さん(55)は悔しさをにじませる。

 「防災プロジェクト」では毎…

この記事は有料記事です。

残り723文字(全文1509文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集