メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 精神疾患の訪問看護事業所、マスク配られず なぜ? /北海道

 新型コロナウイルス感染拡大への対策として国が医療機関や介護施設などにマスクを配布する中、札幌市内では、精神疾患患者の訪問看護の事業所にマスクが配布されない事態が生じている。訪問介護などの施設には配られており、事業者からは不満の声が上がる。【高橋由衣】

 厚生労働省や同市によると、配布先は主に医療機関と介護施設に大別される。医療機関には、道が医師会などと協議し、感染者数やマスクの備蓄量などを基に配布先を決定。感染症指定医療機関などの医療従事者を最優先とする。

 また、介護施設には、国と自治体が介護報酬の状況などを基にリストを作成。「介護保険」が適用される利用者を抱える訪問看護事業所などに配布している。

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文639文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  5. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです