メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

辞林

コロナ禍で受講生外出自粛 ネット活用し書道教室 LINEやYouTubeで /北海道

手元が見えるよう、本と針金ハンガーでスマートフォンを固定して動画を撮影している=山田起雲さん提供

 新型コロナウイルスの影響で多くの習い事教室などが休業する中、道内の書道教室では無料通信アプリ「LINE(ライン)」や動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」などを利用して指導する動きが広がりつつある。受講生からは「外出自粛の中、書道を続けられてうれしい」との声が聞こえているという。

 毎日書道展審査会員の書家、山田起雲さんは5月から、札幌市内に開く自身の教室に通う受講生らを対象にラインやユーチューブを使った通信教育を始めた。

 月に1度、受講生にテキストを送付する。受講生はユーチューブに公開されている解説動画を見ながら練習し、完成した作品を郵送するか、作品の写真をラインで返送。山田さんが添削する様子を撮影した動画を、ラインで受講生一人一人に送信している。

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文612文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 地村保さん死去 93歳 拉致被害者・保志さんの父

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 南スーダン五輪選手団に「燕の洋食器」プレゼント 紛争逃れ群馬で合宿中

  4. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  5. 山本太郎の現在地 (下)「世の中、見えてんのか?」 消費税5%、強気崩さないワケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです