メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ご当地アイドル「りんご娘」、地元にこだわり活動20年 「青森のイメージ変えたい」 /青森

ショッピングセンターでファンの女の子(後列中央)と交流する青森県のご当地アイドル「りんご娘」のメンバー=青森県おいらせ町で2月

 素朴な人柄と津軽弁で人気を博す、青森県のご当地アイドル「りんご娘」が今年、結成20年を迎えた。楽曲の歌詞に郷土名物を盛り込み、ミュージックビデオは県内各地で撮影。リーダー、王林さん(22)は「居場所は青森。ここから魅力を伝えていく」と、地元への強いこだわりとともに将来の抱負を語る。

 弘前市を拠点にするりんご娘は、青森の活性化を目的に2000年7月に結成。入れ替えを経て、15年から現在の4人で活動する。歴代メンバー名は全員、リンゴの品種にちなむ。地元CMへの出演や、青森空港のアンバサダー(大使)起用などを通じ、県内での認知度は極めて高い。

 18年には、全国放送のバラエティー番組に出演した王林さんの天然キャラと、津軽弁なまりのトークが「素朴でかわいい」と評判に。全国20カ所で予定した今年のツアーは、新型コロナウイルス終息までいったん中止となったが、東京、大阪を含む都市部や台湾を巡る初のライブツアーなどの県外活動が昨年来、徐々に増えている。

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文767文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口達也容疑者「友人宅へ行く途中だった」 酒気帯び運転容疑 警官運転の車に追突

  2. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. ゆうちょ銀「mijica」で不正引き出し 54人の計332万円 送金機能を悪用

  5. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです