メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 佐野の「名工」吉田さん、市に鍾馗人形寄贈 市長「病を追い払って」 /栃木

岡部正英市長(左)に人形を贈る吉田哲也さん=栃木県佐野市役所で

 「佐野の際物」と呼ばれる人形づくりで現代の名工(卓越技能者)の表彰を受けた佐野市の人形工芸士、吉田吉貞さん(86)と県伝統工芸士の長男、哲也さん(58)が手掛けた「鍾馗(しょうき)」の人形が14日、同市に寄贈された。受け取った岡部正英市長は「病を追い払ってほしい。市役所玄関に飾りたい」と喜んだ。

 日光例幣使街道が通る同市は江戸時代、日…

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文383文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  2. 「ちびまる子ちゃん」ナレーション交代 キートン山田さん「番組はまだまだ“後半へつづく”」

  3. 「考える余裕はなかった」 太平洋戦争開戦79年を前に91歳が語る予科練生活

  4. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  5. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです