メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

けいざいフォーカス

農業の複数拠点化拡大 人材活用と通年供給狙い

収穫したダイコンを手にする西牟田農園代表の西牟田峰男さん夫妻=鹿児島県南九州市で2019年11月

 農業法人の規模を広げ、国内の複数の拠点に農場を構える動きが広がっている。季節ごとに産地を切り替えて通年で安定的に出荷し、人材を有効活用するのが狙い。高齢化や耕作放棄など日本の農業が抱える課題は多い中、政府も生産性の高い農場経営を後押しする。

 西牟田農園は冬場に温暖な鹿児島県南九州市でダイコンを育て、夏場は涼しい北海道富良野市でニンジンを栽培する。西牟田峰男代表(59)は南九州市の父親の農場を20代で継ぎ、規模を広げて従業員を増やしたが、「ダイコンの農閑期の夏は仕事がなくなる。通年で従業員を雇う策が必要だった」と打ち明ける。

 このため、2014年に富良野市に農地を購入。外国人実習生を含む十数人の従業員が、鹿児島の約50ヘクタール、北海道の約15ヘクタールで根菜を栽培し、ニンジンを加工したジュースも生産。西牟田氏は年に何度も日本を南北に行き来して経営する。

この記事は有料記事です。

残り566文字(全文948文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです