メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 「ゆめうめちゃん」ぬり絵に 青梅市、作品募集 篠原ともえさんがイラスト /東京

 青梅市親善大使のタレント、篠原ともえさん(41)が、自らがデザインした市公式キャラクター「ゆめうめちゃん」のオリジナルイラストを描いた。市はこのイラストを使ったぬりえコンテストの作品を募集している。応募は31日まで。

 コンテストは、新型コロナウイルス感染防止で自宅にいる人たちに、少しでも楽しんでもらうのが目的だ。

 ゆめうめちゃんは2009年、市内のウメの木がウイルス感染し、4万本が伐採を余儀なくされたのを受け、市出身の篠原さんが梅林の再生を願ってデザインした。コンテスト用にイラストを描き下ろした篠原さんは「自宅での時間をより豊かにしてもらうきっかけとしていただけたら」とコメントした。

この記事は有料記事です。

残り180文字(全文476文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  2. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

  3. 特集ワイド 首相、答えよ 田中真紀子元文科相×村上誠一郎元行革相 すり替え、安倍さんを踏襲/異論封じ込め「恐怖政治」に

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです