メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 続く「自粛」賛同と不安 飲食店、客足復活は遠く /山梨

客足が戻らず引き続きテークアウト用の弁当を作る「博多白湯おでん 湯ろや」の従業員=甲府市で

 国の緊急事態宣言が解除される一方、県内では引き続き「3密」の場などへの外出自粛要請や一部施設に対する休業要請が継続されることになった。当面続く見通しとなった“自粛ムード”の中、県内では賛同や不安の声が交錯した。【金子昇太、山本悟】

 JR甲府駅前でマスクを探していた甲府市の谷川一夫さん(72)は「感染者は減っているが、この先新たな感染者が出るかもしれないので、今月いっぱいは活動を自粛した方が良いと思う」と県の方針に理解を示した。

 同市の飲食店アルバイトの女性(34)も「東京にアクセスしやすい分、感染者も出やすいはず。仕事以外では、なるべく外に出ない」と語った。

この記事は有料記事です。

残り665文字(全文948文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. センバツ21世紀枠候補・矢上 球児の明るいスマイル 小さな町にもたらす笑顔

  5. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです