メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NEWSパーク

「最後の1台」トロバス守れ 北アを運行、奇跡的に解体逃れ ネットで寄付募る 長野・大町市

解体されず、奇跡的に残った関電トンネルトロリーバス

 「最後の1台」はファンの力で守る。北アルプスで長年運行した関電トンネルトロリーバス(愛称トロバス)。2018年に廃止後、始発の扇沢駅があった長野県大町市は車体保存を検討したが費用面で断念、全て廃車になっていたはずだった。しかし1台が奇跡的に残っていたことが判明。再び保存に取り組むため、市はインターネットで寄付を募るクラウドファンディングに乗り出した。

 トロバスは黒部ダム完成の翌年、1964年に運行開始し、観光路「立山黒部アルペンルート」の約6キロを結んだ。架線からの電気で動き、見た目はバスだが「無軌条電車」に分類される鉄道の一種。映画「黒部の太陽」にまつわり、多くの人に親しまれながらも、2018年11月に15台全てが運行を終了した。

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文771文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 大阪で過去最多23人死亡 新型コロナ 新たな感染者は357人

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです