メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わが町にも歴史あり・知られざる大阪

/530 東高野街道/26 /大阪

東高野街道と古堤街道の分岐点に立つ大峯山の道標=大阪府大東市中垣内で、松井宏員撮影

 ◆大東市~東大阪市

 モータリゼーションによって街道が分断された“現代の難所”に惑わされ、進むべき道を見失ったが、ようようのことで元に戻り、大阪産業大学や大阪桐蔭高校などの校舎群を抜ける。

 角の酒屋さんの前(大東市中垣内2)に、高さ約2メートルの背の高い道標が建っている。「右 大峯山上道」「すぐ京道」とある。建立は幕末の嘉永2(1849)年。

 京道は、この東高野街道のこと。大峯山は奈良県天川村にある修験道で知られた所。ここからは南へ約60キロある。これまで東高野街道を歩いて、河内のあちこちに大峯山の道標やら、ゆかりの碑があり、大峯山信仰の厚さを感じてきた。これもその一つだろう。

この記事は有料記事です。

残り1309文字(全文1601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです