メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 県の施設、順次再開へ 福岡市施設も /福岡

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の解除を受け、県は一時的に休館・閉鎖していた県有施設を15日以降、順次再開させることにした。15日には共同公文書館(筑紫野市)が開館した。

 県によると、18日に大濠公園(福岡市中央区)▽西公園(同区)▽東公園(同市博多区)▽名島運動公園(同市東区)▽春日公園(春日市)▽中央公園(北九州市小倉北区)▽筑後広域公園(筑後市、みやま市)▽筑豊緑地(飯塚市)――の一部施設を開く。大型遊具は密集になるのを防ぐため、所在する市町村の学校の再開時期に合わせて開放する。

 県立美術館と県立図書館については入場者数の制限や消毒など必要な感染防止対策を講じた上で19日に開く。

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文692文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 新種昆虫に“中村哲医師” エジプト人研究員が命名提案 「功績を知って」

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 特集ワイド 星野佳路さんのコロナ時代の旅 「安・近・短」で地元活性 海外旅行需要、国内に転換

  5. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです