メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラック・チェンバー・ミュージック

/280 阿部和重 写真・相川博昭

 今後もとうめんネットカフェでの寝とまりになってしまいそうだが、次の行き先は熊倉書店とさだめている。沢田龍介は二週間ほどでハナコ(﹅﹅﹅)の帰国手段を確保してくれるようだから、それまでに「試論」を手に入れておく必要があるためだ。

 が、探索作業を再開できるかどうかは熊倉リサの意向にかかっている。それを考えると溜息(ためいき)が出てしまうのは、今度ばかりは彼女の許しをえられないかもしれないと横口健二はあやぶんでいるからだ。

 それはもっぱら自分自身の不手際のせいだと彼は自覚してもいる。論文さがしが中止になったことを伝えそびれていたのみならず、あれきりいっぺんも熊倉リサに連絡を入れてはいなかったのはまずかった。せめてハナコ(﹅﹅﹅)にうながされていたときに一報でもしておけばと悔やまれる。鬼判事にこんな無礼を働いてしまっては、せっかくの厚意を無下(むげ)にした男とジャッジされてもはや相手にもしてはもらえぬかもしれない。

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文991文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  2. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  3. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  4. 新型コロナ 大阪府、初の「赤信号」 重症病床切迫、外出自粛要請へ

  5. クローズアップ 「脱ガソリン」政府号令 30年代半ば、従来車禁止 「脱HV」の土俵乗らず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです