メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本とEU、WHO対応の検証提案へ 新型コロナ巡る米中の緊張緩和図る

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長=AP

 世界保健機関(WHO)の新型コロナウイルス対応を巡り、日本政府は18日から始まるWHO総会で、独立性の高い機関による検証を欧州連合(EU)と共同提案する。WHOについては、初動での各国への警告の遅さや情報共有などを巡り、米国が「中国寄り」として資金拠出停止を表明するなど批判が強まっている。政府は中国湖北省武漢市で初めて感染が確認された際のWHOの対応などの検証を独立機関で行うことでWHOの透明性を高める改革やルールづくりを促し、米中の緊張緩和につなげたい考えだ。

 安倍晋三首相は15日夜のインターネット番組で、WHOの対応について「パンデミック(世界的大流行)が起きた時は迅速に透明性を持ち、自由な形で情報や知見が共有されなければならないが、今回問題があった」と指摘。「日本は公平で独立した包括的な検証を行うべきだと提案する」と明言した。政府は中国にも賛同を呼びかけており、首相は「おそらく提案は通るだろう」と自信を示した。

 WHOを巡っては…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文788文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京で新たに131人感染 20代と30代で約100人

  2. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  3. 女性殺害容疑で69歳を逮捕 マンション集会所で刺す 兵庫・西宮

  4. 鹿児島で新たに34人感染確認 クラスター発生の飲食店の客ら

  5. ORICON NEWS 時価総額4000万円以上 香港在住コレクターが『遊戯王』カードで学んだ人生哲学「重要なのはチャンスをものにすること」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです