メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「着けるだけ」で予防? 空間除菌剤の品薄続く 消費者庁「表示根拠乏しい」

 

 新型コロナウイルスの感染拡大で、マスクやアルコール消毒液と並び空間除菌剤の品薄が続いている。一部商品が「身に着けるだけで空間のウイルスを除去」などをうたい文句に販売されており、消費者庁は表示の根拠が乏しいと注意を促した。予防効果を過信せず、特性を理解して使うのがいいようだ。

 空間除菌剤には、据え置きや首からぶら下げるものなど多くの種類がある。殺菌作用があるとされる二酸化塩素を使う製品が大半で、医薬品としての承認を受けておらず、法律上は雑貨扱いになっている。製造する大手…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文593文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ対策「アドバイザリーボード」再開 「夜の街」呼称やめ「社交飲食店」に

  2. 首相と菅氏、吉村知事を厚遇「リーダーシップに敬意」 小池氏と対照的

  3. 独自大会で3時間の降雨中断 鹿児島城西ナインが取った思わぬ行動 高校野球

  4. 「佐川さんには私の目を見て話をしてほしい」 近畿財務局職員の妻雅子さん

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです