特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

サイドライト

剣はコロナよりも強し 「ピンチをチャンスに」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスの影響で外出を自粛する中、自宅リビングで練習をする飯村一輝選手=京都市右京区で2020年5月11日、山崎一輝撮影
新型コロナウイルスの影響で外出を自粛する中、自宅リビングで練習をする飯村一輝選手=京都市右京区で2020年5月11日、山崎一輝撮影

 新型コロナウイルスの影響で、多くのアスリートが試合や練習の自粛を余儀なくされている。東京五輪が延期され、プロスポーツは開幕のめどが立たないなど深刻さは増すばかりだが、培った不屈の精神でこの事態に立ち向かうアスリートがいる。フェンシング男子フルーレ個人で2019年当時、史上最年少の15歳でワールドカップ出場を果たした龍谷大平安高校2年の飯村一輝選手(16)は「笑顔を絶やさず、ピンチをチャンスに変えていきたい」と自宅で練習を続けている。

 フェンサーの胴体を模した人形に向かい、黙々とサーベルを突く動作を繰り返すのは練習場ではなく自宅リビング。的として人形に張られた約2センチ四方のシールを、納得いく形で突けるようになるまで続ける。近くのダイニングテーブルでは、同じくフェンシングの有力選手である妹の彩乃さん(14)がタブレット端末で本を読み、弟の要さん(10)が宿題をしていた。

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文937文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集