メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人影消えてのびのび、“引きこもり”…千葉・市川動植物園の休園2カ月半 新たな命も発表

カメラを見つめるオランウータンのポポ=千葉県の市川市動植物園で2020年5月14日午後1時52分、小林多美子撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で多くの施設が臨時休業する中、動物園も長い休園期間を過ごしている。入場客がいなくなった園内で、動物たちはどのように過ごしているのか。千葉県の市川市動植物園(同市大町)を訪れると、そこには穏やかな日常とともに、微妙な変化もあった。【小林多美子】

 同園ではレッサーパンダやコツメカワウソ、スマトラオランウータンなど55種類415頭が飼育され、2月27日から約2カ月半休園している。

 5月14日に記者が訪れると、飼育員以外の人影の絶えた園内で普段通りの音楽が流れていた。「動物たちの環境を変えないように、園内放送はあえて止めずにいます」と飼育グループリーダーの田口健太郎さん。閉園時間を告げるアナウンスなども毎日流している。

この記事は有料記事です。

残り906文字(全文1230文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  2. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  5. 冷たい濁流に体力奪われ、姉らと抱き合い5時間…力尽く 熊本・芦北の酒井さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです