メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フェースシールド越しに話し、乾杯はグラス合わせず 大分県が感染避ける飲み方検証

新型コロナウイルスの感染を防ぎながら飲食を楽しむための行動案をまとめ、効果を検証する大分県職員ら。(上から)グラスを合わせず乾杯。フェースシールドを着けて食事や酒を楽しむ。ハンカチで口元を隠して語り合う=大分市で15日

 乾杯はグラスを合わせず、フェースシールドやマスク越しに語り合う――。大分県は、新型コロナウイルスの感染を防ぎながら飲食を楽しむための行動案をまとめ、県職員らが15日夜、大分市内の居酒屋で効果を検証した。県民に参考にしてもらい、利用自粛の打撃を受けている飲食店や酒造会社を応援する狙い。

 マスク姿の職員は、熱がないかなどの体調確認を受けてから入店した。店内では、テーブルごとに横一列や互い違いに…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪万博 招致戦略の見直し急務 150カ国参加目指すもコロナで「白紙」に

  2. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  3. 大阪で新たに318人感染 300人超は2日ぶり 新型コロナ

  4. 首相、医師会長に「全力でやる」 官邸で面会 医療体制逼迫など訴え

  5. コロナ対応説明は? 菅首相、感染拡大でも記者会見開かず 野党「国民の不安高まる」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです