特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

昼食休憩なし18ホール、1人でプレーで「3密」回避 ゴルフ新流儀への模索

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
運転席と助手席の間に飛沫(ひまつ)飛散防止用のビニールシートを設置した2人乗りカート=姫路シーサイドゴルフコース提供
運転席と助手席の間に飛沫(ひまつ)飛散防止用のビニールシートを設置した2人乗りカート=姫路シーサイドゴルフコース提供

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、ゆったり1日がかりで楽しむ「日本流」のゴルフプレーのスタイルが様変わりしつつある。密閉、密集、密接を回避し感染防止につなげようと、昼食休憩を省いて18ホールを回る、海外で主流の「スループレー」を導入するゴルフ場が多く出始め、中には「1人プレー」を採用するコースも。「3密」を避けようと始まった工夫は、日本のゴルフに定着するか。【角田直哉】

カートに隔離シート、浴室・ロッカー利用禁止

 兵庫県姫路市の「姫路シーサイドゴルフコース」では、18日から「ワンウエー方式による18ホールスループレー」を始める。レストランや浴室、ロッカーなどの屋内施設は利用禁止。2人乗りのカートには運転席と助手席の間にビニールシートを設置することで密着を避け、さらにスタート時間を従来の7分間隔から10分に広げ、スタートホールも限定することで待機時間を調節し、感染対策を強化した。1日最大40組を想定しており、同コースの福本知幸支配人は「対策を徹底した上で、今後の暑さが続く時期にいかに安心してプレーしてもらえるかを考えた」と語る。

 同コースは緊急事態宣言の発令を受け、4月8日から19日まで一時休業した。一方で兵庫県の休業要請から屋外のゴルフ場が外れたことで、社内で協議を重ね…

この記事は有料記事です。

残り951文字(全文1499文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集