メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと・街・キラリ

北大恵迪寮314期寮長・尾口裕八さん(22) 文化、伝えるための自粛 /北海道

尾口裕八さん

 札幌農学校の寄宿舎として始まり、100年以上の歴史を持つ北海道大学(札幌市北区)の恵迪(けいてき)寮で314期寮長を務める。半年に1度の寮長選挙で、「意見しやすい寮作り」を掲げ2019年12月に就任。理学部化学科4年生としてコレラ菌の研究をする傍ら、新型コロナウイルスの感染拡大という例年とは異なる状況下で、執行委員と寮生約350人をまとめる。

 恵迪寮は寮生が管理運営する自治寮で、共用棟を中心に放射状に5階建て6棟が建つ。あちこちに歴代の寮長選挙やコンパのビラが幾重にも貼られ、壁には寮歌。年季が入り雑然とした寮内は「バンカラのとりで」然としている。

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文693文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 革命叫べば逮捕、ならば無言で抵抗 香港人が訴える「目に見えない大切なこと」

  2. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  3. 鹿児島で新たに34人感染確認 クラスター発生の飲食店の客ら

  4. 国内初のワクチン治験 吉村大阪府知事「前のめりの政治主導」の危うさ

  5. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです