メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 障害者施設が除菌水を販売 新潟 /新潟

詰め替え用次亜塩素酸水のラベル貼り付け作業をする利用者=障害者就労支援法人「あおぞら」提供

 新潟市江南区の障害者就労支援法人「あおぞら」は、利用者たちが製造した一般家庭向けの弱酸性次亜塩素酸水の販売をインターネットで始めた。次亜塩素酸水は除菌や消毒、消臭などに使われ、新型コロナウイルスの不活化にも効果があるとされる。

 同社の保有する生成機を使用し、利用者たちが容器への充塡(じゅうてん)や箱詰めなどの一連の作業を担当する。5年ほ…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  3. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  4. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  5. 社説 森友問題への政府対応 歯止めかからぬ国会軽視

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです