メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 障害者施設が除菌水を販売 新潟 /新潟

詰め替え用次亜塩素酸水のラベル貼り付け作業をする利用者=障害者就労支援法人「あおぞら」提供

 新潟市江南区の障害者就労支援法人「あおぞら」は、利用者たちが製造した一般家庭向けの弱酸性次亜塩素酸水の販売をインターネットで始めた。次亜塩素酸水は除菌や消毒、消臭などに使われ、新型コロナウイルスの不活化にも効果があるとされる。

 同社の保有する生成機を使用し、利用者たちが容器への充塡(じゅうてん)や箱詰めなどの一連の作業を担当する。5年ほ…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 終活ナビ 年金受給75歳まで繰り下げがいい?

  4. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  5. 新型コロナ 福島・天栄村で「10万円」二重交付

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです