メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 「努力、競技に活きる」 県出身アスリートら、高校生にエール!! 県高体連、HPで紹介 /富山

田知本遥さん

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、高校総体(インターハイ)などスポーツ大会が次々と中止に追い込まれる中、県高体連(今堀俊彦会長)はホームページ(HP)上で高校生応援企画「がんばれ!富山の高校生」を始めた。大相撲の大関・朝乃山関や、2016年リオデジャネイロ五輪女子柔道70キロ級金メダリストの田知本遥さんら、県出身のアスリートらが「今こそできることを考え、コロナに負けないで」と熱いエールを送っている。【青山郁子】

 学校の臨時休校に伴って授業や部活動が中断され、インターハイなど各種大会が中止となって落胆する高校生も多い。「生徒を励ますために何かしたい」という指導者からの声が相次ぎ、高体連が企画した。

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文789文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  3. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

  4. 時の在りか 小池都知事再選を危ぶむ=伊藤智永

  5. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです