メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

21世紀dotank発

歴史から学ぶ感染症対策 /山梨

 新型コロナウイルスの脅威がいまだ収まらず、多くの人がこの事態に対処するために一丸となって取り組んでいる状況であるが、過去を振り返ると感染症による脅威は、幾度となく人々を苦しめてきた。今から約100年前にも全世界に被害を与えた「スペインかぜ」という感染症があった。これは、インフルエンザウイルスによる流行であり、全世界で約6億人の感染者が発生し、2000万人から4000万人が死亡したとされている。

 日本においてもその被害は大きく、当時内務省が発行した「流行性感冒」によると、1918年から20年に3回にわたり流行が起こり、全国で約2380万人が感染し、約38万人の死者を出している。山梨県の感染状況は、3回の流行で27万7440人が感染し、5135人が亡くなっており、当時の山梨県の人口約60万人からみると約半数が感染と、その被害の甚大さを見て取ることができる。

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文939文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 6歳で亡くなった娘「もう一度夢に出てきて」 阪神大震災26年、遺族が思い

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです