メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと@東海

社会人野球・西濃の新人左腕 林優樹さん(18) 強気の投球見てほしい /愛知

西濃運輸の林優樹投手=西濃運輸提供

 右足を肩のあたりまで上げるダイナミックな投球フォームで打者を翻弄(ほんろう)する左腕をきっと多くの高校野球ファンは覚えている。近江高(滋賀)の主戦として2018~19年の春夏計3回の甲子園に出場し、高校日本代表にも選ばれた林優樹さん(18)は今春、社会人野球の名門、西濃運輸(岐阜県大垣市)に入社した。チームの日本一とプロ入りを目指し、練習に励んでいる。【黒詰拓也】

 野球をしていた兄と姉の影響を受けて4歳の頃、地元・京都の軟式チームに通い始めた。投手を始めたのは小学1年。中学は硬式チームで、より高いレベルを求めて憧れていた近江高に進んだ。

この記事は有料記事です。

残り864文字(全文1136文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです