メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 初動検証、独立機関で 日・EU、WHO総会で提案へ

 世界保健機関(WHO)の新型コロナウイルス対応を巡り、日本政府は18日から始まるWHO総会で、独立性の高い機関による検証を欧州連合(EU)と共同提案する。WHOについては、初動での各国への警告の遅さや情報共有などを巡り、米国が「中国寄り」として資金拠出停止を表明するなど批判が強まっている。政府は中国湖北省武漢市で初めて感染が確認された際のWHOの対応などの検証を独立機関で行うことでWHOの透明性を高める改革やルールづくりを促し、米中の緊張緩和につなげたい考えだ。

 安倍晋三首相は15日夜のインターネット番組で、WHOの対応について「パンデミック(世界的大流行)が起きた時は迅速に透明性を持ち、自由な形で情報や知見が共有されなければならないが、今回問題があった」と指摘。「日本は公平で独立した包括的な検証を行うべきだと提案する」と明言した。政府は中国にも賛同を呼びかけており、首相は「おそらく提案は通るだろう」と自信を示した。

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文787文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「相棒」 芦名星さんの代役立てず テレビ朝日会長「得がたい存在」

  2. SNSで「持続化給付金」不正受給を指南 詐欺容疑で愛知大生2人逮捕

  3. ORICON NEWS 竹内結子さん死去に芸能界から悲しみの声 中田秀夫監督、小手伸也ら

  4. 着けたまま飲食できるフェースガード開発 「ラーメンも大丈夫」 群馬・渋川のグッズメーカー

  5. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです