特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 米経済再開、見切り発車 政府「青信号」判定の州ゼロ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
気温が上がり、軽装でタイムズスクエア周辺を歩く人たち。入院患者数が減り、中心部でも外出する人の姿が増えてきた=米ニューヨーク市で2020年5月15日、隅俊之撮影
気温が上がり、軽装でタイムズスクエア周辺を歩く人たち。入院患者数が減り、中心部でも外出する人の姿が増えてきた=米ニューヨーク市で2020年5月15日、隅俊之撮影

 新型コロナウイルスの感染者・死者数ともに世界最多の米国で、感染防止のために出されていた行動規制の緩和と経済再開の動きが広がっている。18日までに全50州の大半で部分的緩和が実施される見通しで、感染爆発の中心となったニューヨーク(NY)州の一部でも15日、製造業などの営業再開が認められた。だが連邦政府の示した指針を満たし完全再開へ「青信号」判定となった州は一つもなく、見切り発車の感は拭えない。専門家からは「感染の再拡大」を懸念する声も上がる。

 「ほぼ全ての州が経済再開への一歩を踏み出した。米国本来の生活が戻ってくる」。トランプ米大統領は15日、記者会見でそう強調した。4月の失業率が14・7%と1930年代の大恐慌時以来の水準を記録する中、11月の大統領選で再選を目指すトランプ氏は経済回復に前のめりだ。会見ではワクチンの年内開発・実用化への自信を示す一方で、「ワクチンがあろうがなかろうが、我々は復活する」とも語った。

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文917文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集