メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新卒採用、厳しさ増す 主要111社調査

 主要111社に2021年度(21年4月~22年3月)入社の新卒採用について尋ねた共同通信のアンケートでは、採用数を20年度実績(見込み)より減らすと回答した企業が26%にのぼり、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う景気悪化への懸念から企業が採用抑制に動き始めたことをうかがわせた。

 2021年度入社の新卒採用に関するアンケートは、新型コロナウイルス感染拡大による急速な景気悪化をにらんだ慎重な経営判断が浮かび上がった。企業業績が低迷すれば、学生にとって優位な「売り手市場」が続いてきた状況が変わり、厳しい就職活動を迫られる恐れがある。

 上場企業の20年1~3月期決算は、米国と中国の貿易摩擦や19年10月の消費税増税の影響に新型コロナが追い打ちを掛けた。製造業は国内外で工場が一時休止し、小売業や運輸業も臨時休業などで大幅に利用が減少。最終(当期)損益が赤字に転落した企業も少なくない。

この記事は有料記事です。

残り2347文字(全文2740文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 全国移動は6月19日からOK 政府、経済活動再開の指針公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです