メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済比べてわかる

縦割り打破、韓流快挙

アカデミー賞の作品賞を受賞し、よろこぶ「パラサイト」のポン・ジュノ監督(中央)と出演者ら=米ハリウッドで2月9日、ロイター共同

 ハイテク製品、サッカー、そしてコンテンツ輸出。さまざまな分野でライバル関係にある日本と韓国だが、今年の米アカデミー賞は、史上初めて韓国作品が作品賞に選ばれた。快挙を支えた韓国政府の戦略とは。

 今年2月9日、米アカデミー賞授賞式でポン・ジュノ監督の韓国映画「パラサイト 半地下の家族」が最高峰の作品賞に選ばれた。米作品の賞レースという性格が強かったアカデミー賞で、非英語作品として初の快挙だ。

 その約4カ月前の昨年10月末、米ハリウッドで映画製作者や評論家約600人を集めたパーティーが開かれた。主催したのは「韓国コンテンツ振興院」。映画やゲーム産業などの人材育成や海外進出を一手に担う政府機関で、「韓流ブーム」の旗振り役だ。会場ではポン監督の作品を次々と紹介し、同院関係者は「影響力のあるハリウッドの核心メンバー約100人には別途説明をした」と明かす。アカデミー賞受賞は、国を挙げた文化振興…

この記事は有料記事です。

残り1441文字(全文1837文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  2. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  3. 野村克也さんが死去 84歳 戦後初の3冠王、ID野球で3度日本一

  4. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです