特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ みとりに壁、対面できず 感染防止、遺族の喪失感深く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
面会ができなくなった母親との連絡に使ったスマートフォンを手にする男性=東京都千代田区で2020年5月12日、関谷俊介撮影
面会ができなくなった母親との連絡に使ったスマートフォンを手にする男性=東京都千代田区で2020年5月12日、関谷俊介撮影

 新型コロナウイルスに感染して亡くなった人は全国で700人を超えた。感染防止のため家族が面会できないケースも多く、遺族は最愛の人を失った喪失感をより深く抱える。一方、ビデオカメラの撮影を許可したり、スマートフォンを通して対面させようとしたりする病院もある。

「カメラ越し」実現も

 「最期に顔を合わせて、声をかけてあげたかった」。入院中に新型コロナに感染して死亡し、遺骨となって帰宅した東京都内の80代の母親について、男性はそう声を絞り出した。

 母親は4月上旬にPCR検査(遺伝子検査)で陽性と判明。同下旬に亡くなった。

この記事は有料記事です。

残り1331文字(全文1589文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集