新卒採用「減らす」26% 昨春比10ポイント増 主要111社調査

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 共同通信社は16日、主要111社を対象とした2021年度(21年4月~22年3月)入社の新卒採用に関するアンケートをまとめた。採用数を20年度実績(見込み)より減らすと回答した企業は26%に当たる29社で、20年度入社の採用数を尋ねた昨春のアンケートの16%から拡大。新型コロナウイルス感染症の影響で世界不況への警戒感が強まり、採用抑制の動きが出始めた。即戦力となる中途・経験者を重視する姿勢や、感染防止策として説明会などでウェブを導入する方針も目立つ。(7面に特集)

 21年度の新卒採用を増やすと回答した企業は9%(10社)となり、昨春の21%から半減した。前年度並みは36%(40社)、未定は25%(28社)、非公表や無回答は4%(4社)だった。減らすのは素材や電機、運輸、小売りと幅広い業種にわたり、理由として「新型コロナによる世界経済の縮小」などが挙がった。

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文877文字)

あわせて読みたい

注目の特集