メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終活ナビ

実家相続したが、なかなか売れない

 Q 地方にある実家を相続しました。自宅から遠く、片づけにいくのも大きな休みがないと難しい状況です。売却しようといくつかの仲介事業者にお願いしていますが、なかなか売れません。(男性、60代)

 A 実家の相続をきっかけにしたお悩み相談が増えています。固定資産税や管理費用など保有コストが継続的にかかり、住む予定がない場合には余計な負担となります。賃貸するにも借り手を見つけるのに広告費や仲介手数料などの費用がかかる上、そもそも立地が不向きであることもあります。

 一度所有者になると、次の所有者に譲る以外に保有コストを回避する方法がありません。ところが、不動産仲介事業者にとって収入となる仲介手数料は多くの場合、売値の3%に6万円を加えた金額(消費税別)ですので安い物件は後回しになってしまいます。一般的に売値が1500万円を下回ると動きが悪くなるようです。なお、非営利団体などに寄付する方法も考えられますが、原則として不動産の寄付は受け付けていません。

この記事は有料記事です。

残り552文字(全文977文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都にチクリ? 菅官房長官、コロナ再拡大は「東京問題」

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  5. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです