メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イスラエルで大連立政権が発足 新型コロナ危機に対応 首相はネタニヤフ氏とガンツ氏が順番に

演説するネタニヤフ氏=AP

 イスラエル国会第1党の右派リクード党首のネタニヤフ首相が率いる新政権が17日発足した。新型コロナウイルス危機に対応するための緊急統一政府と位置づけられ、第2党の中道「青と白」やネタニヤフ氏を支持する右派・宗教勢力、中道左派「労働党」なども参加する大連立政権だ。2019年4月から1年間に総選挙を3度も行った長期の政治混乱はようやく収束するが、新政権が円滑に運営されるかは不透明だ。

 連立期間は3年間で、ネタニヤフ氏が1年半続投する。「青と白」の共同代表を務めるガンツ元軍参謀総長が国防相兼副首相として入閣し、ネタニヤフ氏の後を引き継いで、残りの1年半、首相を務める。

この記事は有料記事です。

残り787文字(全文1071文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  2. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

  3. 都内でも「うがい薬は売り切れ」の張り紙 一夜にして店頭から消えた 「吉村知事会見」を考える

  4. 大阪で新たに196人感染 過去3番目の多さ 障害者施設でクラスターか

  5. 福岡県「飲み会は2時間以内」「2次会控えて」 コロナ警報を発動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです