中国・武漢で全市民にPCR検査 「1000万人規模」意義に疑問の声

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 中国で新型コロナウイルス感染が最初に確認された人口約1100万人の湖北省武漢市が、全市民を対象にしたPCR検査(遺伝子検査)をしている。市内の各地区で5月14日前後に始め、約10日間程度で終えるという。10億元(約150億円)以上となる検査費用は同市などが負担する。ただ、1日あたり約100万人の検査を本当にできるかは不透明で、中国内でも、その意義に疑問を投げかける声が出ている。

 同市が検査に踏み切ったのは、5月上旬に1カ月ぶりに新たな集団感染が見つかったためだ。新型ウイルスの「震源地」として中国内でも厳しい目が向けられており、再開されたばかりの経済活動を継続するためにも、無症状を含めた感染者数を把握する必要があると判断したとみられる。中国のニュースサイト・財新ネットは16日、「検体採取のため長蛇の列ができている」と15日午後の市内の様子を伝えた。

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文715文字)

あわせて読みたい

注目の特集