メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「水辺の貴婦人」セイタカシギ、長崎に飛来 「美しく、うれしくなる」

佐世保市広田地区に飛来したセイタカシギ=中山恵美子さん提供

 「水辺の貴婦人」と称される渡り鳥「セイタカシギ」が長崎県内に飛来して、野鳥ファンの目を楽しませている。

 日本野鳥の会などによると、セイタカシギは全長37センチ。ピンク色した極端に長い足が特徴で、主に水田や入り江などに飛来する。欧州やアジア南部に生息し、東南アジアやオーストラリアで越冬。県内では佐世…

この記事は有料記事です。

残り173文字(全文323文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 余録 かつて「長者番付」と呼ばれる高額納税者リストの注目された時代があった…

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 柔道のGS東京大会開催断念へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです