メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シロエビ、ホタルイカ…「富山湾の宝石」にコロナの余波 需要減で安値の取引

朝に水揚げされたホタルイカをさっそく店頭に並べる店員=富山市中川原のアルビス高原町店で2020年5月15日午前10時29分、砂押健太撮影

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う国の緊急事態宣言などの影響で「富山湾の宝石」とも呼ばれるシロエビやホタルイカなどの流通環境にも変化が生じている。休業要請で外食や加工品の需要が激減。市場価格も下落し、シロエビは一時休漁に追い込まれた。一方で外出自粛に伴う「巣ごもり」需要は堅調。富山県外への出張も自粛を余儀なくされ、大消費地への売り込み攻勢もままならない状態だ。

 富山県水産研究所によると、県内の海産物の漁況は不漁だった昨年同期から一転して豊漁傾向という。特にホタルイカの漁獲量は3月が780トン、4月(速報値)が800トンとなり、いずれも過去10年の平均を大きく上回る。

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文972文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 50代でのタイトル戦は「名誉」 竜王戦で通算100期目指す羽生九段の一問一答

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 竜王戦挑戦者は羽生九段 丸山九段を破る タイトル100期目かけ豊島竜王と対局

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです