メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外世界のコロナ感染者1億人超え 2カ月半で倍増

オンライン学習定着へ課題も 環境整備、自治体・学校間格差…保護者から不安の声

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、3月から始まった小中高校の休校措置は既に2カ月以上が経過した。東海3県では三重県で18日、愛知県で25日、岐阜県で6月1日から県立校などの再開が決まり、子どもたちの生活も少しずつ動き始める。一方、コロナ禍をきっかけに各学校で導入が進むオンライン授業は自治体間・学校間で取り組みに温度差もあり、教育格差の広がりを不安視する保護者からはオンライン授業の充実を求める声が上がる。

 「このままでは子どもたちが学校から離れてしまう」。愛知県一宮市の市立大和中学校の柴田賢治校長(56)は度重なる休校延長に危機感を抱き、4月からオンライン会議システム「Zoom(ズーム)」を活用したクラスミーティングを実施する。5月初めには生徒がパソコンなど家庭にある端末を使って参加。お互いの近況を話し合った。

この記事は有料記事です。

残り1088文字(全文1448文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 東京開催のアーティスティックスイミング五輪予選、4~5月に延期で調整

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです