特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

週末の人出 鳥取、岡山、兵庫で大幅増 本格再開した商業施設周辺地

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
京都駅前の地下街「ポルタ」でも多くの店舗が営業を再開し、買い物客らの姿が見られた=京都市下京区で2020年5月16日午後5時21分、川平愛撮影
京都駅前の地下街「ポルタ」でも多くの店舗が営業を再開し、買い物客らの姿が見られた=京都市下京区で2020年5月16日午後5時21分、川平愛撮影

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が39県で解除され、大阪府や兵庫県などで休業要請が大幅に解除されてから最初の日曜日となった17日の国内主要駅や繁華街の人出について、NTTドコモが同日に発表したデータを1週間前の日曜日(10日)と比較したところ、鳥取、岡山、兵庫などの大型商業施設や百貨店が本格再開した地域で大幅に増えていた。京都や大阪は微増だが、街に人出が戻り始めたことがデータで裏付けられた。

 NTTドコモがスマートフォンなどの位置情報を匿名化して500メートル四方の範囲の人数を推計したデータで、宣言前(4月7日)との増減率を比較した。イオンモール鳥取北(本格再開13日)がある鳥取・晩稲(おくて)は10日が3.8%減だったのに対し17日は54.7%増と、58.5ポイント増えた。三井アウトレットパーク倉敷(同15日)に近い岡山・倉敷駅は39.9ポイント、山陽百貨店(同16日)に近い兵庫・…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文778文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集