子どもの「ふわっとした雲のような」素質を伸ばして 遺伝から考える教育

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
安藤寿康さん=本人提供
安藤寿康さん=本人提供

 知能や学力は遺伝の影響が大きい――。これは「行動遺伝学」の世界では当たり前のことらしい。「じゃあ無理して頑張っても意味がないのか」というとそういうことではないようだ。学力だけにとらわれず、それぞれが持っている遺伝的素質を生かせる教育、そして社会こそ求められているのだと、行動遺伝学者で教育心理学にも詳しい安藤寿康・慶応大教授は説く。

「両親は知能高いのに、なぜこの子はできない?」は間違い

 ――まず遺伝の基礎知識から教えてください。

 ◆両親の遺伝子はそのまま全部が子どもに引き継がれるわけではありません。両親それぞれの遺伝子の半分ずつが引き継がれるのです。…

この記事は有料記事です。

残り2396文字(全文2674文字)

あわせて読みたい

注目の特集