メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

複数の市町村「圏域」構想は見送り 地方制度調査会の答申素案が判明

総務省=東京都千代田区霞が関で、根岸基弘撮影

 人口減少社会への対応に関する地方制度調査会(地制調)の答申素案が判明した。複数の市町村でつくる「圏域」を新たな行政主体とする構想は記載を見送った。地方の反発が強く、法制化は困難な状況だ。一方で、住民サービスの水準を維持するための広域連携や行政効率化の重要性を訴えた。19日の専門小委員会で提示し、7月までに正式決定する。

 総務省の研究会が打ち出した圏域構想は、小規模町村から「中心となる自治体に行政機能が集約され、周縁部の町村が衰退する」などと批判が続出。全国町村会など地方6団体からの強い反対も踏まえ記載を見送ったが、広域連携を強化する方向性は残した。

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文740文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 眞子さま29歳に 延期の挙式、宮内庁「何らかの発表はあろうかと」

  3. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  4. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  5. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです