メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NEWSの窓

国際 海外のスポーツ 台湾のプロ野球、観客戻る

[PR]

澤田さわだ克己かつみ 毎日新聞まいにちしんぶん 論説委員ろんせついいん

 新型しんがたコロナウイルスの感染かんせんひろがりで、世界中せかいじゅうのプロスポーツが影響えいきょうけています。

 日本にっぽんでは、プロ野球やきゅうが6がつ後半こうはん開幕かいまく目指めざすことにしました。でも実際じっさい試合しあいはじめられるかは、まだわかりません。Jリーグも中断ちゅうだんつづいていますし、おお相撲ずもう夏場所なつばしょ中止ちゅうしとなりました。

 海外かいがいでも影響えいきょうていますが、すこしずつプロスポーツを再開さいかいさせるくに地域ちいきてきています。

 政府せいふ機敏きびん対応たいおうして、感染拡大かんせんかくだいおさんだと評価ひょうかされる台湾たいわん一番いちばんはやかったとえます。世界せかい先駆さきがけて、プロ野球やきゅう試合しあいが4がつ12にちから観客かんきゃくはじまりました。

 5がつようかからは、1試合しあい1000にん以下いかなら観客かんきゃくれていいことになりました。ただし、観客かんきゃくには健康状態けんこうじょうたいのチェックがもとめられます。座席ざせき指定していせきだけで、間隔かんかくけて販売はんばい観戦かんせんちゅうもマスクをしていなければなりませんし、みずくすり以外いがい飲食いんしょく禁止きんしです。

 ちょっと不自由ふじゆうですが、それでも観客かんきゃくは「わたしたちは世界一せかいいちしあわせな野球やきゅうファン」とよろこんでいるそうです。

 韓国かんこくでも5がつはいってからプロ野球やきゅうとサッカーKリーグが開幕かいまくしました。台湾たいわんプロ野球やきゅうおなじく、どちらも観客かんきゃくでのスタートです。

 韓国かんこくプロ野球やきゅうでは、開幕前かいまくまえに44ページにおよぶマニュアルをつくりました。

 選手せんしゅたちは起床きしょうと、球場きゅうじょうけて出発しゅっぱつする直前ちょくぜん検温けんおんしないといけません。球場きゅうじょういても、グラウンドとベンチ以外いがい場所ばしょではマスク着用ちゃくよう義務ぎむです。試合中しあいちゅうにつばをいたり、ハイタッチや握手あくしゅをしたりすることも禁止きんし選手せんしゅなどに感染者かんせんしゃたら、中断ちゅうだん検討けんとうすることになっています。

 選手せんしゅたちは大変たいへんです。でもじつは、いつもよりっている選手せんしゅもいるそうです。なぜでしょう?

 それは、まだ自国じこくリーグがはじまらないアメリカと日本にっぽんでも韓国かんこく試合しあい中継ちゅうけいされることになったから。だいリーグ挑戦ちょうせんねらっている選手せんしゅたちには、自分じぶんいチャンスになります。頑張がんばってほしいですね。


 韓国かんこく・ソウル特派員とくはいん通算つうさんねんはん、スイス・ジュネーブ特派員とくはいんを4ねんつとめました。専門せんもん韓国かんこく北朝鮮きたちょうせんですが、ジュネーブでは国連こくれん取材しゅざい趣味しゅみ囲碁いご旅行りょこう。キムチが大好だいすき。1967ねんまれ。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです