メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

還暦記者・鈴木琢磨の、ああコロナブルー 「お互いさま」で心は五月晴れ 小遊三師匠「長屋の人情ばなしだ」

石神井小学校の工事現場で泳ぐこいのぼり=東京都練馬区で

 あれはゴールデンウイークの直前だった。五月晴れの下、コロナブルーにしぼみがちな気分を膨らまそうと東京は練馬区上石神井の自宅かいわいをぶらぶら歩いていたら、なじみの「大黒寿司」にイラスト入りの貼り紙を見つけた。<1日限定10食 バインミー>。地元に愛されてちょうど50年、かつて藤島桓夫が歌った名曲「月の法善寺横町」を作詞した十二村(とにむら)哲さんも近くに住んでいたころに通い味にうなったらしい。見れば、すぐ隣のオープンまもないラーメン屋「麺屋わおん」にも同じ貼り紙が出ているではないか。

 バインミー? 「ベトナムのサンドイッチ、はやっているんですよ」。すし屋の2代目、伊藤政和さん(49)があきれる。還暦記者は話題のタピオカも飲んだためしがない。「そもそものアイデアはわおんの奥さん。ランチにぱくつける軽食をコラボしませんかって。そうしたらコロナでしょ。お互いテークアウトしかできなくなり、すぐやろう、と。うちはすしネタのエビのフリッター、わおんはチャーシューをはさんで」。わおんの主人…

この記事は有料記事です。

残り2520文字(全文2965文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  2. 東京23区封鎖と全員PCR検査を

  3. 東京都内で新たに280人台の感染者 過去最多

  4. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  5. 「GoTo」キャンペーン 首相「専門家の意見聞く」 16日夕に分科会開催

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです