連載

犬が西向きゃ

国際報道に優れたジャーナリストに贈られる「ボーン・上田記念国際記者賞」を受賞した、高尾具成編集委員のコラム。

連載一覧

犬が西向きゃ

ジュゴンが消えた海は今=高尾具成

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 4月下旬、タイ南部のビーチリゾート地の一つリボン島沖で、絶滅の危機にひんするジュゴンの30頭以上もの群れが確認されたという。同国の浜辺では世界最大級のウミガメ「オサガメ」が産卵のために掘った巣穴も記録的な数で見つかっていると伝えられる。新型コロナウイルスの感染拡大による観光客やごみの減少などで野生生物が暮らしやすくなったらしい。

 人類がパンデミック(世界的な大流行)を機に「ニューノーマル」(新常態)を言い出す中、自然が日常(常態)を取り戻そうとしていることに気づかされる。ジュゴンの目撃情報が伝えられなくなって久しいこちらの海を巡っては、相変わらずの民意を解さない異常事態が続いている。

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文955文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集