メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

犬が西向きゃ

ジュゴンが消えた海は今=高尾具成

 4月下旬、タイ南部のビーチリゾート地の一つリボン島沖で、絶滅の危機にひんするジュゴンの30頭以上もの群れが確認されたという。同国の浜辺では世界最大級のウミガメ「オサガメ」が産卵のために掘った巣穴も記録的な数で見つかっていると伝えられる。新型コロナウイルスの感染拡大による観光客やごみの減少などで野生生物が暮らしやすくなったらしい。

 人類がパンデミック(世界的な大流行)を機に「ニューノーマル」(新常態)を言い出す中、自然が日常(常態)を取り戻そうとしていることに気づかされる。ジュゴンの目撃情報が伝えられなくなって久しいこちらの海を巡っては、相変わらずの民意を解さない異常事態が続いている。

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文955文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです