メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都 コロナ警戒レベル「最高」に引き上げへ

噺家のオチつかない日常 理系or文系or噺家 「雪が解けたら?」に答えあり

 コロナの嵐が吹き荒れる中、船出したこのコラム、第2回も緊急事態宣言中の執筆となりました。前回に続き「コロナに負けてたまるか。ピンチをチャンスに」を合言葉にお送り致します。今回は「59歳で人生初チャレンジ!」の一席です。

 思い起こせば43年前、高校2年の秋。「理系」「文系」を決めかねていた友人に、担任が声を掛けました。「オイ田中、雪が解けたら何になる?」「そら水でしょう」「お前は理系や」。横の私が思わず突っ込みました。「先生、文系は何と答えるんですか?」「雪が解けたらな……春になんねや」。小学生の「なぞなぞ」みたいな会話で、本当に田中は理系に進み、難関の国立大学に合格しました。

 実は噺家(はなしか)にも「文系」と「理系」があります。ネタ繰り(稽古(けいこ))をする時、まず台本を書くのが「理系」。音だけで覚えるのが「文系」。大学でエンジンの製図を書いていた私は、紛れもなく「理系」です。一方、師匠の先代松喬は「文系」。「台本で覚えると『いま何ページの何行目をしゃべってる』ばかり出てきてセリフが死んでしまう。絵面(えづら)で覚えると少々言葉は違っても気持ちが伝わる」と何度も訓…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文926文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電脳女将・千鶴さん「早く帰ってきて」 声優が安否気遣う 湯布院の旅館家族不明

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. バンクシー、マスクのネズミも コロナテーマに新作、動画投稿 英地下鉄に

  4. 梨田昌孝さんが見た悪夢 「生きている感覚なかった」コロナとの50日の格闘

  5. 「佐川さんには私の目を見て話をしてほしい」 近畿財務局職員の妻雅子さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです