メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長だより

横浜版「徹子の部屋」=横浜支局長・中田卓二 /神奈川

 「徹子の部屋」(テレビ朝日系列)は言わずと知れた黒柳徹子さんの長寿番組。ここ横浜にも、地域密着で対談番組を続けてきた人がいる。フリーアナウンサーの宮内恒雄さん(72)だ。

 インタビュアーを務めるJ:COMチャンネルの「横浜人図鑑」は4月に700回を超えた。横浜にゆかりのある人をゲストに招き、原則編集なしの「20分1本勝負」で魅力を引き出す。2016年の開始当初は手探りだったが、「打ち合わせと違う本音がぱっと出てきたり、生放送さながらの緊張感がある」と夢中になった。

 女優・五大路子さんの「異常なほど」の横浜愛や、作曲家で文化功労者の池辺晋一郎さんの腰の低さなど印象的な場面は数知れない。「番組のおかげで半生を振り返ることができた」「人生のターニングポイントに気がついた」。ゲストから届いた感謝の手紙の束は大事にとってある。

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文684文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

  3. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  4. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  5. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです