連載

記者メール

記者が取材現場で感じた思いやこぼれ話を発信していきます。

連載一覧

記者メール

演劇の力=大谷和佳子 /静岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの影響で、多くの舞台が中止や延期を余儀なくされている。表現の場が制約される中、インターネットを活用した取り組みが広がる。

 6日、俳優の近藤芳正さんが発起人となり、三谷幸喜さんの戯曲「12人の優しい日本人」がビデオ会議システム「Zoom」を使って生配信された。アーカイブされた前後編のうち前編の視聴回数は17日までに33万回に上る。

 県内でも、県舞台芸術センター(SPAC)が、中止になった演劇祭の代替企画として演出家によるトークや役者の稽古(けいこ)風景を動画配信する「くものうえ⇄せかい演劇祭」を実施した。小規模の劇団でも続々と稽古にZoomを取り入れ始めている。

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文585文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集