メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者メール

演劇の力=大谷和佳子 /静岡

 新型コロナウイルスの影響で、多くの舞台が中止や延期を余儀なくされている。表現の場が制約される中、インターネットを活用した取り組みが広がる。

 6日、俳優の近藤芳正さんが発起人となり、三谷幸喜さんの戯曲「12人の優しい日本人」がビデオ会議システム「Zoom」を使って生配信された。アーカイブされた前後編のうち前編の視聴回数は17日までに33万回に上る。

 県内でも、県舞台芸術センター(SPAC)が、中止になった演劇祭の代替企画として演出家によるトークや役者の稽古(けいこ)風景を動画配信する「くものうえ⇄せかい演劇祭」を実施した。小規模の劇団でも続々と稽古にZoomを取り入れ始めている。

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文585文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  3. 4万人までの1万人増は9日間で 初感染者から1万人と比べペース10倍に

  4. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  5. PCR陰性の20代を誤って陽性者の宿泊施設に 福岡市が陳謝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです