新型コロナ 材料転用「医療」で活路 フェースシールド製品化 豊岡・かばんメーカー「服部」 /兵庫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
顔を覆うフィルムが布製接着テープで取り換え可能なフェースシールドの可動タイプ(右)と使い捨ての不動タイプを持つ服部清隆社長。可動タイプは装着したままフィルムを上に跳ね上げることができる(奥)=豊岡市小田井町の服部本社で、村瀬達男撮影
顔を覆うフィルムが布製接着テープで取り換え可能なフェースシールドの可動タイプ(右)と使い捨ての不動タイプを持つ服部清隆社長。可動タイプは装着したままフィルムを上に跳ね上げることができる(奥)=豊岡市小田井町の服部本社で、村瀬達男撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で売り上げが激減した豊岡市小田井町のかばんメーカー「服部」(服部清隆社長)が、かばんの材料を転用して医療用フェースシールドを作った。県からは早速、3万個の発注があり、受注した。服部社長は「新型コロナの影響で売り上げが9割減となり、このままではかばん産地が崩壊してしまう。かばんの技術を使い、世の中に役立つことをしたい」と医療分野に活路を見いだしている。【村瀬達男】

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文812文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集