メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

元プロ野球監督・関根潤三さん=4月9日死去・93歳

関根潤三さん

 関根さんは2003年に野球殿堂入りした。現役時代の成績だけでなく、「解説者」としての功績もかなり大きかったと思う。関根さんは野球の解説を変えた人だった。

 関根さんは現役引退後の1966年、ニッポン放送のラジオ野球中継「ショウアップナイター」に加わった。まるで自分が試合をしているかのようにグラウンド内のことが読め、ベンチの動きが分かる人だった。終わったことについて話すのではなく、一歩前を行くような解説だった。

 例えば、マウンド上の投手のちょっとしたフォームの乱れが目につく。そうすると、「今までのようなシュートのキレは失われるからピンチですよ。ジャイアンツのブルペンはそろそろ準備しておいた方がいいですね」と指摘する。実際、その通りになるので「関根さんの解説はよく当たる」となる。あっという間に人気が上がっていった。

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文691文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  2. フジテレビ、「テラスハウス」打ち切り 木村花さん急死で

  3. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです